パパの子育ての悩み

【実体験】男性が育児休暇を取得してのメリット・デメリット!2ヶ月実際に取得して感じた事について

  • 男性が育児休暇取ったらどんなメリットやデメリットがあるのだろう?
  • 実際に育児休暇を取った人はどうだったのだろう?

そんな疑問お持ちではないでしょうか?

男性が育児休暇を取得するには中々勇気がいりますよね。

私は今2児の父親をしていますが、下の子が保育園に行くまでの約2ヶ月間育児休暇を取得しました。

その中で実際に感じたメリット・デメリットを実体験を交えながらご紹介したいと思います。

パパ
パパ

これを読んであなたの育休取得の後押しになればと思います。

男性が育児休暇を取得するメリットについて

  • 子供と過ごせる

    子供が小さいうちは本当に一瞬です。

    私は下の子供が保育園に行くまでの間育児休暇を取得しましたが、子供が保育園に行きだして自分も仕事復帰すると全然子供と過ごす時間のなさに気づきます。

    だから子供が小さいうちに育休を取得して一緒に入れる時間はとても貴重な時間です。

 

  • 家事ができるようになる

    育児休暇取得前は私の担当は掃除や皿洗いのみでご飯は一切作ってきませんでした。

    でも私の場合妻が先に仕事復帰したので私が主夫になり、ご飯を作らなければいけなくなりました。

    実際に料理をするようになってレパートリーが増えていき、人としても成長した気がします。

  • 妻の負担が減る

    家事ができるようになるに似ていますが、あなたが家事ができるようになると妻の負担が減ります。

    それは育休後でもあなたの家事のレベルが上がっているのでこれからずっと継続して負担が減ります。

    パパ
    パパ
    妻の負担が減ると機嫌が良くなり家庭が円満になります。

 

  • 気分をリフレッシュできる

    私自身育児休暇を取得するまでは頭の中は会社のことが大多数占めていました。
    おそらくあなたも同じではないでしょうか?

    でも私は2ヶ月間仕事から離れてみて心がリセットされ気持ちが軽くなりました。

    多分会社員でいる以上こんなに長期で休める機会はないので気分をリフレッシュする意味合いでも取得する問いと思います。

    パパ
    パパ
    心が軽くなりました

正直男性が育児休暇を取得するメリットはかなり多いです。

私自身普段から家事や育児を積極的にやっていたつもりでしたが、育児休暇を取得したことにより今までの家事育児は全然足りていないことに気付かされました。

家事や育児のスキルが上がって気分もリフレッシュできるなんて家庭のことを思うと取得するメリットは大きいです。

男性が育児休暇を取得するデメリットについて

  • 自分の時間がなくなる

    当たり前ですが、子供中心の生活になります。

    私は趣味でジムにか通っていますが、ジムに1時間だってその間子供を見てくれる人がいないといけません。

    どこへ行くにも何をするにも子供と一緒の生活になり自分の時間は子供が寝た時ぐらいになります。

  • 少なからず出世には影響する

    育児休暇を取得したことによって出世に影響してはいけないですが、よく考えて見てください。

    あなたが休んでいる間に他の人は仕事を頑張っているのでその頑張っている人を評価するのは当然だと思います。

    出世には直接は影響しないにしろ頑張っている人の評価はあなたよりは上がると思います。

  • 貯蓄がないとお金がなくなる

    育児給付金が入るのは、育休取得開始時から2ヶ月後以降になります。
    ※詳しくは別記事でご紹介いたします。

    ですので、約3ヶ月無給で過ごせるぐらいの貯蓄を持っておかないと生活できなくなってしまします。

    パパ
    パパ
    育休前にある程度の貯蓄を持っておくことは必要です。

育児休暇を取得するデメリットは、正直実際には大して多くはないです。

ただ、これからバリバリ仕事してライバルを出し抜きたいなど考えている人にはこのデメリットは大きいと思うのでこれからのライフプランをよく考えたほがいいかもしれません。

男性が育児休暇を取得するメリット・デメリットをトータル的に考えてどうなのか

私は、育児休暇を約2ヶ月間取得してメリット・デメリットをトータル的に考えても取得するメリットは大きいと感じました。

やはり父親というものはどうしても家事育児を手伝うという考え方が強いと思います。

でも良く考えてください。

家事育児は夫婦二人でやるものです。

だから男性も積極的に家事育児をしてもいいのです。

私は、この育児休暇の期間で様々な家事育児ができるようになり家事育児を手伝うという考えから一緒にやるという考えになりました。

そうすると、今まで妻任せにしていたことを積極的にできるようになります。

だからあなたも育児休暇を取得して家事育児を一緒にやるという考え方になれれば人としても成長できると思いますし、何より子供もとっても懐いてくれて家庭が円満になります。

パパ
パパ

だから私は積極的に男性も育児休暇を積極的に取得するべきだと思います。

まとめ

今回の記事では

  • 男性が育児休暇を取得するメリットは、男性も家事育児の大変さを共有することができること
  • 男性が育児休暇を取得するデメリットは、自分の時間がなくなり少なからず出世には影響すること
  • 私は育児休暇を取得して本当によかったと感じていること

をご紹介いたしました。

これを読んであなたの判断基準になればと思います。