新しくオープンするお店

【ヒゲマーク】WHO’S TEA(フーズティ)がイオン名古屋茶屋にオープン!実際に行ってみた

  • WHO’S TEA(フーズティ)ってどんなお店?
  • WHO’S TEA(フーズティ)のメニューは?
  • WHO’S TEA(フーズティ)って実際美味しいの?

そんな疑問お持ちではないでしょうか?

タピオカで有名なWHO’S TEA(フーズティ)がイオン名古屋茶屋にオープンしました。

私もたまたまイオン名古屋茶屋に行った際に、新しくWHO’S TEAがオープンしていたので実際に飲んだ感想を交えながらWHO’S TEAの魅力やメニューについてご紹介いたします。

WHO’S TEAってどんなお店?

「WHO’S TEA」とは、中国語で「ひげ茶」という意味です。

パパ
パパ
だからヒゲのマークなんですね。

2011年に台湾の台中で1号店をオープンし、現在、台湾に40店舗、中国、アメリカなどに19店舗を展開しているブランドが2019年6月28日日本に初上陸をしました。

WHO’S TEAのメニューは?

本格的なタピオカ店のWHO’S TEAの気になるメニューはこちらです。

黒ひげフォームベース

  M L
黒ひげミルクティー 620円 720円
黒ひげセイロンティー 620円 720円
黒ひげ黒糖ミルク 620円 720円

白ひげフォームベース

  M L
白ひげチーズティー 620円 720円
白ひげジャスミンティー 620円 720円
白ひげ黒糖ミルク 620円 720円

ミルクベース

  M L
黒糖ミルク 520円 620円
抹茶ミルク 520円 620円
黒糖抹茶ミルク 550円 650円
チョコココアミルク 520円 620円
いちごミルク 520円 620円

ミルクティベース

  M L
台湾80年代ミルクティー 520円 620円
チョコミルクティー 520円 620
セイロンラテ 520円 620円
ジャスミンラテ 520円 620円

フルーツティベース

  M L
ミックスフルーツティー 650円 750円
パインジャスミン 650円 750円
グレープフルーツジャスミンティー 650円 750円

フルーツレモネードソーダベース

  M L
ミックスフルーツレモネードソーダ 650 750円
パインレモネードソーダ 650円 750円
グレープフルーツレモネードソーダ 650円 750円

トッピング

台湾ブラックタピオカ   70円 手こね生タピオカ    70円
黒ひげフォーム      100円 白ひげフォーム     100円

 

30代男性がWHO’S TEAを飲んだ感想は?

私は普段あまり甘いものを食べたり飲んだりしません。

パパ
パパ
甘いものよりお酒のあてになるようなものが好きです。

そんな私が実際にWHO’S TEAのタピオカを飲んだ感想をお伝えします。

店内はこんな感じでとてもおしゃれな空間になっていました。

私たちは買い物帰りに寄ったのでテイクアウトにしましたが、店内でタピオカを楽しむのも良さそうですね。

パパ
パパ
ただやっぱりタピオカ店とだけあってお客さんは若い子が多いです

私たちは、黒ひげミルクティーと白ヒゲ黒糖ミルクを注文しました。

実際に飲んだ感想ですが、黒ひげミルクティーは甘いものあまり好きでない私でも美味しく飲めました。

私の4歳の娘もとても気に入っていました。

白ひげ黒糖ミルクティーは私には甘すぎました。
きっと甘いのもが好きな方はとても気にいるのではないでしょうか⁉︎

だから私的には黒ひげミルクティーがオススメです。

店舗詳細

店舗名 WHO’S TEA
営業時間 10:00~22:00【ラストオーダー21:30】
TEL 052-355-9718
公式HP http://whostea-jpn.com
住所 愛知県名古屋市港区西茶屋2丁目11

地図