新しくオープンするお店

【東海地方初出店】ラルフズコーヒー名古屋のメニュー・グッズや駐車場について!

2020年9月18日久屋大通がリニューアルオープンします。
それに伴い、なんとラルフローレンのカフェ『Ralph’s Coffee(ラルフズ コーヒー』が東海地方初出店!!

そこで今回は『ラルフズコーヒー』のメニューやグッズや駐車場について調べてまとめましたのでお伝えさせていただきます。

Ralph’s Coffee(ラルフズ コーヒー)名古屋の詳細について

冒頭でもお話しさせて頂きましたが『ラルフズコーヒー』は洋服などで有名なRalph Lauren(ラルフローレン)のカフェです。

ラルフローレンのカフェということだけあって、現在既にオープンしている日本の3店舗(東京・横浜・京都)どの店舗の写真を見てもとてもオシャレです。

またコーヒー豆も中南米、アフリカで有機栽培されたコーヒー豆を使用するなど、とてもこだわりを持ったコーヒーになっています。

中南米、アフリカで有機栽培されたコーヒー豆を使用した、ラルフズ スペシャルブレンド。(ラルフズ ロースト、デカフェ、エスプレッソを含みます)カフェインの除去には、すべて天然のスイス・ウォーター・プロセスのみを採用しています。

参照:ラルフズ コーヒー | ラルフ ローレン

Ralph’s Coffee(ラルフズ コーヒー)名古屋のメニュー

ラルフズコーヒー名古屋店のメニューはまだ発表されていません。
(2020.9.10現在)

ただ既にオープンしている店舗を調べるとコーヒーメニューについては写真のような価格設定になる思います。

※表参道店のメニュー

クマくん
クマくん
ドリップコーヒーが500円でこれだけオシャレなお店なら行ってみたいですよね。

Ralph’s Coffee(ラルフズ コーヒー)名古屋のグッズ

ラルフズコーヒーにはコーヒーだけではなく洋服やカップなどのグッズも売っているんです。

(Ralph’s Coffee)Tシャツ ¥9,900

(Ralph’s Coffee)トートバッグ ¥4,400

(Ralph’s Coffee)マグ ¥3,850

(Ralph’s Coffee)エスプレッソカップ ¥3,850

ご紹介したのはほんの一部で色々可愛いグッズがあります。

クマくん
クマくん
どれも可愛いのでプレゼントにも最適ですね。

Ralph’s Coffee(ラルフズ コーヒー)名古屋の駐車場について

ラルフズコーヒー名古屋は『RAYARD Hisaya-odori Park』(久屋大通公園)内にオープンするので恐らく専用駐車場はありません

近くに『セントラルパーク』と『市営駐車場』があるので車で行く場合はどちらかに駐車して行くのが良いでしょう。

セントラルパーク

営業時間 07:00〜23:00
電話番号 052-951-0051
料金 ・30分ごと 300円
・平日打切り 1,800円(土日・祝日は除く)
・夜間打切り料金(全日)21:00~8:00 900円
住所 名古屋市中区丸の内3-19-15

公式H P
centralpark

市営駐車場

営業時間 24時間
電話番号 052-261-8505
料金 ・普通料金(午前7時から午前0時) 30分 300円 (平日のみ最大1,500円)

・夜間料金(午前0時から午前7時) 600円

住所 名古屋市中区栄三丁目5-12

公式HP
名古屋市:久屋駐車場(暮らしの情報)

Ralph’s Coffee(ラルフズ コーヒー)名古屋の混雑予想

オープン直後しばらくは勿論混雑すると予想されます。

また、他の店舗の情報を調べると店内がさほど広く無く席数も余り多くないとの情報がありました。

ですので、店内で飲食するのは平日や昼の時間帯を避けたほうが良さそうです。

また、他の店舗を調べるとテイクアウトも出来るそうなので、テイクアウトしてRAYARD Hisaya-odori Park(久屋大通公園)でゆっくり景色を見ながらコーヒーを飲む人も多そうです。

ですので、オープン直後以外はコーヒーを買う分にはさほど混雑せずに購入できるのではないと予想されます。

Ralph’s Coffee(ラルフズ コーヒー)名古屋の店舗情報

店舗名

Ralph’s Coffee RAYARD Hisaya-odori Park

住所 愛知県名古屋市中区丸の内3丁目久屋大通公園 RAYARD Hisaya-odori Park
最寄駅 地下鉄名城線 久屋大通駅より徒歩3分 地下鉄東山線 栄駅より徒歩5分
公式HP ラルフズ コーヒー | ラルフ ローレン